ラブラブ話

私と彼が初めてメールしたのは、実際に会った後でした。
友人もラブサーチをやっていて、今の彼と会うから付き添いで......ってゆーのが出会いのきっかけでした。話してみて、友人より私のほうが話しやすい、ってそう言ってくれて、メールしあうようになったり、2人だけで会うようになって。いつのまにか、って感じです。
なかなか気持ちを言葉で表現してくれないけど、その分以上に優しい彼で、すごくすごく幸せにしてもらってます。私が感じてる幸せの半分でも相手が感じてくれてたらいいな、って思いながら、彼からのメールをみて、私と彼を引き合わせてくれた友人とラブサーチに感謝してます!

まさに愛のキューピットサイト!

3年前の6月の初めに、このサイトを通じて知り合いました。
きっかけは、主人のほうからなんですが1通のメールから、
1日にそんなにやりとりするわけでも無かったんですが、楽しくメールのやりとりをしていました。
半月がたった頃、私のPCが壊れてしまったのをきっかけにだんだん私の方から連絡を取らなくなり、
主人はそれでもメールをくれていたのですが、主人も諦めたのか完全に音信不通になってしまいました。

そんなある日、7月の中頃、突然主人からメールがきました。(主人いわく、忘れられなかったそうですそれからの2人は、急接近で電話もするようになり、8月の頭に初めて会いました

取り合えず友達からと言う事で何回もデートを重ね、主人の猛アタックのすえ、9月からの真剣交際が始まりました
とても誠実で心が本当に優しくそんな彼の事を、私の両親も感心していました。毎日毎日が本当に楽しく、お互いの趣味であるスノーボードは冬になると必ず毎回行ってました

その翌年の12月、彼からのプロポーズをうけて、2人で将来の為にとひとつの通帳を作り、
お金も貯まりだした去年の10月、彼の両親が私の家に挨拶に来られ、彼から正式に「幸せにしますので○○さんをお嫁にください」と私の両親に言いました。その時はホント鳥肌がたつ程、嬉しくて感動でした
それからはとんとん拍子で事が進み、まだ同棲という形ではありながら一緒に暮らし始め、
私は仕事の関係もあって、実家ではなかなか料理をすることがなくて、
とまどいながらも仕事をしながら家事をこなし、おかずを一品しか出してあげられない私に怒ることも、文句も言わず「美味しいよ」と言ってくれる彼の言葉に心救われていました。本当に優しいんです

そして今年の7月7日に籍を入れ、10月7日に無事挙式もあげる事ができました
このサイトが無ければ私達は確実に出会って無くて、お互い別の人生を歩んでいたと考えると、ホントに本当にこのラブサーチさんには感謝です
ちなみに私の友達は、私がこのサイトを紹介してあげ、このサイトで知り合った彼と今月で交際1年目を迎え、順調にお付き合いをしています
ラブサーチさん、たくさんの喜びをありがとう!!! 感謝の気持ちでいっぱいです

私達を出会わせてくれて本当に有難うございました!!!

ラブサーチ 定額制優良出会い系サイトで運命の出会い・・・


美味しそうな料理のログを上げる彼女にコメントしたり、

オフ会で、バカをやってる私のログにコメントされたり...

当初は、そんな普通の「ログ友」でした。


距離的にも静岡と秋田は、あまりに遠い為、結ばれる縁とは思いませんでした。
...とは言っても、東北地方のオフ会にも何回か顔を出していた私にとって、

決して不可能な距離では無いし"いい子だなぁ~"と思っていたので

「オフ会で会えたら良いなぁ♪」と常々思っていました。


知り合って半年程した年の瀬に、彼女からメールがあり、
誰かと交際を始めたよ(〃▽〃)と私に教えてくれました。

「あぁあ~、彼女とは結局一度も会えなかったかぁ...」と思いつつも、

仲の良いログ友の寿を喜んでいた所、暫く経ったある日、

彼女から「彼と、ピンチ~(>_<)」とメールが来て、その事についてメールのやり取りしてる内に、だんだん好感を抱き、

直メでのやりとり、そして毎日の様に彼女へ電話するようになりました。


写メ交換もしました。可愛いらしいなぁ~と率直に思いました。

それに対して彼女は、僕の写メを見た感想は、"無理...100%無理"だったそうです...


しかし、バレンタインデーに思いがけなく、手作りチョコが自宅に届いたのです。

彼女曰く、誰からもチョコ貰えない僕を可哀想に思ってだそうです(爆)
1ヶ月後のホワイトデーに、初デート(僕を見た第一印象も、「無理や~」だったそうです。)

次の週もデートをしました。

彼女の事がどんどん好きになり、結婚前提の交際を申し込みました。






出会い系サイト 女性無料出会い系 無料出会い系 優良出会い系

最近のブログ記事